ビジネスローンの審査や金利など即日比較

ビジネスローンは、各金融機関の条件を比較して総合的に判断して選ぶのがおすすめです。

お金のこと、社員のこと、会社の未来のことなど、経営者はたくさんの悩みを抱えます。人材は募集すればなんとかなりますが、利益に至っては業績が伸びればいいのですが、なかなか難しいものがあると思います。そこで、足りない資金を調達するとなると真っ先に考えるのは金融機関からの借金ではないでしょうか。

借金というと印象がよくありませんが、借入は事業の成長のために必要な資金となります。資金繰りに困った時に法人・個人事業主が、たくさんの金融機関の中から利用する借入先として、低金利な日本政策金融公庫や銀行・ノンバンク系のビジネスローン(事業者ローン)などの中から借入先をを選択することになります。
どちらに借入を行うにしても審査に通過しないと借入ができませんが、特に日本政策金融公庫や銀行から借入は厳しいといわれています。
そこで、おすすめしたいのが、ノンバンク系の「ビジネスローン」です。「ビジネスローン」は法人だけでなく、個人事業主にも対応している事業性資金に利用することができるローンなので困った時に頼れる存在となります。

ビジネスローンを利用するのに、店舗に出向くことなく申し込みから借入までできる便利な会社が多くあります。
そこで、経営者にとって死活問題となる資金繰りが必要な時に頼りになるビジネスローンの中から、ネットを利用してスマホやパソコンで申し込みができるいくつかの金融機関を、紹介したいと思いますので比較して申し込みを行うときの参考にしてください。

※個人のローンは別のページで紹介していますので、そちらを参考にしてください。

法人・個人事業資金

キャッシュフローが苦しい時期こそ、資金繰りで少しでも改善することを検討しませんか?
事業者ローンは、運転資金・つなぎ資金・新しく起業をするといった、あらゆるビジネス面で利用することができるので経営者にとっては非常に助かるローンとなるでしょう。

会社の規模や必要なタイミングに応じて借入先を選択しよう!
できるだけ素早く運転資金を借入したい時、どこから借りるのが一番おすすめと思いますか?それは融資をしてもらえるのなら銀行で借入をするのが一番でしょう。しかし、銀行の審査は厳しく中々融資してもらえません。そんな時はノンバンク系のビジネスローンを利用するのがおすすめです。

※なお、参考までに以前は商工ローンとも呼ばれていましたが、現在ではイメージ一新のため、ビジネスローン(事業者ローン)と呼ばれています。

ビジネスローン比較
名称 法人 個人事業主
アイフルビジネスファイナンス
ビジネスパートナー
エムアールエフ

Webで解決カンタン申し込み、忙しい経営者にもおすすめ
個人事業主や小規模の法人を経営している経営者のなかには、資金繰りに頭を悩ませている経営者もいると思います。
銀行から事業資金を借入れるのが難しく困った時は上記のビジネスローンの利用を検討するといいでしょう。迅速に対応してくれるので心強い味方になってくれるかもしれません。

自営業・個人事業主はカードローンの利用がしづらいといわれることがありますが、紹介している金融機関はお金が必要になる場面が多い事業者の方に頼れるカードローンとなります。
いつでも引き出し可能な事業用のローンカードを1枚でも持っていた方が、もしもの時に安心ですね。

必要書類

審査・契約で必要となる書類を把握しておこう!

ビジネスローンに申し込むのには必要となる書類があります。必要書類がなければ、審査を受けることができません。書類は各社によって異なる場合もありますが、基本的に「本人確認書」「収入証明」「事業関連の書類」などが、必要になってきます。また、法人・個人事業主で異なってくるため、申し込みを行う前に申し込みを検討している金融機関で事前に必要となる書類を調べておきましょう。

素早く資金調達するために
一般的なキャッシングとは異なり必要書類が多くなりますので、事前に書類をしっかりと準備しておきましょう。

返済

ノンバンク系のビジネスローンを上手に利用していくには、できるだけ短期間で返済できる金額で利用することです。
何故かといいますと銀行と比べると金利が高めとなるので返済の負担を考えると、できるだけ早く完済をした方が良いからです。

ローンの利息の計算方法

簡単に説明しますと、
「元金」×「金利」×「借入期間」=「利息」
これが、利息の計算方法となります。

※各金融機関では簡単に試すことができる返済シミュレーションが用意されている場合がありますので、一度試しておくことをおすすめします。

☆返済が不可能であれば、最終的に事業を清算することも視野にいれなくなるかもしれません。

ビジネスローン一覧
アイフルビジネスファイナンス
融資スピードは最短即日
全国対応

法人の場合には代表者が連帯保証人になる必要がありますが、資金繰りで困っている事業主にアイフルビジネスファイナンスのカードローンはぴったりな商品です。申し込みの手間もかからず審査もスピーディで、個人事業主・法人の方に大変利便性が高いローンといるでしょう。
もちろん、全国の経営者がインターネットを使って24時間365日、気軽に申し込みができますし、来店する必要はありません。

審査は経営者側の立場になって現状を見て、判断をしてくれますので、利用者にも好評となっています。
「アイフル」グループの会社で、信頼性も高いので安心して利用できるのも強みです。

詳しくはコチラ

ビジネスパートナー
融資スピードは最短5日
全国対応

中小企業の強い味方となるビジネスパートナーは、全国の法人・個人事業主がビジネスに利用できるスモールローンを提供しています。運営歴も長く独自の審査基準で多くの事業主から支持されているのがポイントです。ただし、スモールビジネスローンの金利は、9.98% ~ 18.0% と決して低くなっているワケではありません。
また、法人方が利用するには代表者が連帯保証人となる必要があります。

ビジネスローンを契約するには来店する必要がある会社が多いのですが、ビジネスパートナーでは郵送ですべての手続きを完了させることができるのは大きなメリットではないでしょうか。当サイトでもおすすめのビジネスローンとなります。

詳しくはコチラ

エムアールエフ
融資スピードは数日程度
西日本エリアが中心

西日本エリアを中心に営業活動を展開している地域密着型の実績も豊富な事業者ローンです。6つの豊富なプランを用意していて、専門知識を習得した【ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引士・貸金業務取扱主任者など】スタッフが現状のビジネスの状況に合致したお客様に一番適したプランを提示してくれます。
「バリエーションプラン」以外の他の5つのローンは、担保として土地・建物に根抵当権設定がされます。

低めの金利設定で限度枠の大きな商品を希望されている経営者方にぜひおすすめしたい内容となっています。

詳しくはコチラ

商工ローンも取扱っている会社

下記で紹介している消費者金融では、一般の個人が利用できるキャッシングの他に法人・個人事業主の方が事業資金として利用できるローン商品も用意されています。
金利は高めですが銀行の融資よりは審査が通りやすく、一時的な資金調達方法としては良い選択肢の一つと言えるでしょう。
小規模な経営者の場合、経営者が細かい作業など、多くの事をこなさなければならないことも珍しくありません。
まとまったお金が必要になったり、事業の拡大をする時に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

法人・個人事業主向けローン
名称 法人 個人事業主

オージェイ

ユニーファイナンス

ハローハッピー

ニチデン

アルク

※今回紹介した金融機関はほんの一部となります。ビジネスローンの特徴は各社様々です。融資スピードや金利、利用限度額などをしっかりと比較した上で、ご自身の目的にマッチするビジネスローンを選びましょう。

事業主の方におすすめ

事業拡大、決算時などのまとまった資金ニーズにどうぞ。
他にも事業に伴う資金に対応できるローンもあります。法人・個人の経営者の方は、ビジネスローンだけでなく、不動産担保ローンや、ファクタリングを利用して運転資金を調達する方法もあります。
不動産担保ローンや、ファクタリングは、売掛金や不動産の価値次第で大口の資金を借りることも可能となりますので、当面の事業を運用していくための資金に十分活用できます。
厳選各社を徹底比較していますので上記の表のリンク先でチェックしてみてください。

種類 必須条件
ファクタリング 売掛金
不動産担保ローン 不動産

ファクタリング
金融のプロが丁寧に、そして着実にサポートしてくれるので何も心配いりません。
売掛金がある経営者が、資金調達できない時は、問題を乗り越えできるだけ希望金額を調達するために、手数料などの費用、売掛先や債権者に信頼があるファクタリング事業者見つけるといいでしょう。

メリット・デメリット

メリット
経営者にとって、ビジネスを成功させるには資金調達や資金繰り対策が最も必要なことだと思います。
事業の資金調達は銀行からの資金援助が一般的です。銀行では、小さな経営者にはそう簡単には融資してくれないのが実状ですが、ノンバンク系のビジネスローンは、銀行よりも審査に通過しやすいので、銀行で断わられた方でも審査に通るということも珍しくありません。事業資金がなければ、この先の経営が立ち行かなくなる可能性もあるので、ノンバンク系のビジネスローンは資金繰りに苦しむ中小企業・個人事業主にはとても頼りになる借入先となるでしょう。
他にもメリットとして、日本政策金融公庫や銀行から借入は、数日から数週間かかりますが、ノンバンク系のビジネスローンでは通常の消費者金融と同じように早くて当日に借入ができるところもあります。
審査が早い理由は提出する書類が少なくて済むことが挙げられます。申し込みをするのにも、来店はもちろん、全国対応でインターネットや電話などからでも申し込みに対応してれる金融機関も多いので、忙しい経営者の方でも便利に申し込みを行うことができるようになっています。
※営業時間外の申し込みは翌営業日の応対となります。一部には不動産を担保にしたビジネスローンもあります。担保に差し出せる不動産があれば、担保の評価次第で高額な融資が受けれますし、金利も低くなるので、こちらのローンを検討してみるのもいいでしょう。すぐに事業資金が必要という場合、間に合わないこともあります。手軽、迅速に資金を調達したいと思ったらビジネスローンの利用を検討してみましょう。

デメリット
事業を営んでいない一般の社会人の方は、ビジネスローンに申し込むことはできません。
各社、金利設定には幅がありますが、大きく分けてノンバンク系のビジネスローンは銀行よりも金利が高くなる傾向にあります。「貸倒れ」のリスクを考えると金利が高めとなるのは仕方がないかもしれません。
また、限度額もそれほど大きくありませんので、主に少額の資金に利用することになるでしょう。
他のマイナスポイントとして、法人の方が利用するには、代表者が連帯保証人とならなければいけない場合が多いことです。便利さの陰に潜むリスクもあることもよく理解して利用しなければなりません。限度額が高い、低金利を求めている経営者の方は、ノンバンク系より審査は厳しくなりますが、銀行の事業性資金に利用できるローンに申し込む方がいいでしょう。申し込み先の選択には、事業がどのような状況で、どういった目的で資金援助を受けたいのかということが重要なポイントとなってきます。
申し込む際には、「正直な情報」で、しっかりと必要書類を準備してから申し込みを行いましょう。

以上が、メリット・デメリットになります。

ビジネスローン 総評

経営者にとって、資金繰りは常に頭を悩ませる問題となります。
資金調達や資金繰りで困った場合の解決方法として、法人・個人事業主の方が金利や利用金額の大きい事業資金を利用したいのなら、日本政策金融公庫や銀行から借入が一番良いでしょう。
ですが、審査は厳しめとなりますので、利用できない方はノンバンク系のビジネスローンを利用するしかありません。 ただし、ノンバンク系のビジネスローンは金利面を考慮すると、長期的に借りて運転資金にしていくという用途には向いていません。

上記の事から個人事業主の方が、大企業よりもノンバンク系のビジネスローンを利用しているのが圧倒的に多いのは、借入が厳しいからという理由があります。
事業主は、資金が不足した時に借入ができないと困るわけですが、当然きちんとした審査があるので審査落ちとなる場合もあります。もしも、ビジネスローンの審査に落ちてしまったら、資産となる不動産をお持ちであれば、不動産担保ローン、売掛金があればファクタリング会社を利用することも選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

申し込みには担保や保証人が必要になるケースも出てきますので、不安な点があれば、事前にきちんと確認、または分からないことがあれば問い合わせをしておきましょう。

最終的にどこの申し込み先を選択するかは、銀行との比較だけでなく、ノンバンク系のビジネスローン各社の金利や審査、返済期間などもインターネットを駆使して丁寧に比較して判断するようにしていきましょう。

ビジネスローンについては以上となります。
お客様の状況に適した金融機関が見つかり審査通過のお手伝いとなれば幸いです。