ファクタリング会社一覧

電ふぁくは個人事業の方でも現金化が可能

すぐにお金が必要な場合どうしますか?
経営者の方で万が一資金繰りが悪化してスグにでも現金が必要になった場合の選択肢はある程度限られてしまいます。もし躊躇している時間もなく早く資金を手にする手段としてファクタリングをお考えなら「電ふぁく」を利用してみませんか?
適切に利用すれば、ローンよりも審査も厳しくなく圧倒的に早く資金が手に入ります。

ですが利用しようにも、審査基準がシビアでハードルが高いのではと不安に思う方もいると思いますので「電ふぁく」の審査基準や特徴ついて、詳しく紹介しますので記事の内容を参考にしてください。

資金調達を、もっと手軽に

今回紹介する「電ふぁく」は従来のファクタリングとは異なる2.5社間ファクタリングと呼ばれるもで、従来のものとはまた違う多くの魅力的な要素があることから個人事業主や中小企業のオーナーといった経営者の方から注目を集めています!

特色として以下の点が上げられます。
手続きを行ってから入金までのスピードも速く、取引先に通知の必要がない2社間ファクタリングに近いものがありますが、大きな違いとして利用者とファクタリング会社の間に「ファクタリング専用口座の管理会社」が入ることで、売掛金のリスクヘッジを図るようになっています。
また、利用者が回収した売掛金の支払いをファクタリング会社へ支払うという煩わしい手順が不要となります。

会社概要
「電ふぁく」を運営している会社はトップ・マネジメントという会社になります。
株式会社トップ・マネジメントは、2009年(平成21)に東京都で設立された会社です。事業内容はファクタリング業務の他にそれぞれの事業にあった戦略を助言するコンサルティング 業務 、担保不動産の調査などを行っていて東京商工会議所の会員にもなっています。

「電ふぁく」は最近はじめたサービスでありますが、トップ・マネジメントでは通常の2社間、3社間ファクタリングも運営していてこれまでに多くの実績もある優良な会社が運営しているサービスなので安心して利用できます。
状況や顧客ニーズに合わせ、常に質の高いサービスを提供していることから、法人からスモールビジネスまで多くの経営者からの支持を集めているのも頷けますね。

資金繰りに悩んでいるのであれば、まずは相談してみてはいかがでしょうか。豊富な実績とノウハウからお金という課題を解決できるかもしれません。

ファクタリング

「電ふぁく」の審査基準について解説します。
数えきれないほどたくさんのファクタリング会社がありますが、実は同じように思っても違いがある事が多いんです。資金の捻出に困っている方はご利用を検討する際の参考にしてください。

電ふぁくの特徴
手数料 1.8%~8%
資金調達限度額
入金スピード ※最短1時間(リピート利用の場合)
法人
個人事業主
利用条件 Tranzaxへ登録が必要
申込み

興味はあるけど審査が気になるという経営者の方も多いのではないでしょうか。
審査が不安な方、安心してください。会社を設立して年数が浅い、事業を新規に立ち上げてから間もない個人事業主でも、審査の上では回収が見込まれる優良な売掛債権があれば問題ありません。

上記の表を見て分かるように業界でもトップレベルの手数料となっていることから、初めてファクタリングを利用するという経営者の方にもおすすめです。

※はじめての場合はTranzaxへ利用登録などで入金までに時間が掛かることが予想されます。いつまでに現金が必要なのかを把握してからご利用を検討しましょう。

Tranzaxとは?
金融とITを融合したFintechベンチャー企業でグループ会社に国の指定機関である子会社があります。
多くの事業者が懸念するのは安全な会社なのかだと思いますが、これまでに多くの媒体に特集記事が掲載されていますし、業務提携先を見てみると銀行など大手企業と取引があることから安心できる会社で間違いありません。

以上のことから今後も時流の先を読み日本経済の活性化に貢献していく会社だと思います。

申込方法

  1. WEB
  2. 店舗
  3. 電話

全国から申し込みが可能で店舗に出向くだけでなく、どのデバイスからでも簡単アクセス、オンラインでの契約、申し込みができるなど、大変便利となっています。

営業時間10:00~19:00 土日祝、年末年始を除く

WEBで申込み

手続きが24時間カンタンにできる!オンラインで完結も可能!
遠方の方や忙しくて店舗へ来店することが難しい方でも、電子サイン契約で署名することができますので安心してください。

インターネットからのお申込みの流れ

準備不足や慌ててしまったりすると、余計な手間が発生して資金調達が遅れてしまうリスクもありますので、はじめての方にWEBから手続きを行う簡単な流れを紹介いたします。
参考にして申し込み手続きに向けた準備を始めておきましょう。

step
1
申し込み

電ふぁくのHPにアクセスをして「お問い合わせ」または「無料相談はこちら」から申し込み
申し込んだあと連絡が来るのでそれまで待ちましょう

step
2
審査

審査後、Tranzaxへ利用登録及び同意書提出

step
3
入金口座の変更

Tranzaxで発行された口座へ売掛金の振込先を変更

step
4
契約

契約を締結した後、売買代金を指定の口座へ振込

以上のような流れとなりますが、疑問点や分からないことがあれば「電ふぁく」に問い合わせをして確認しておきましょう。

メリット、デメリット

気になる点をまとめてみました。
ちょっとしたことがストレスに感じてしまうこともあります。弱み、強みそれぞれ解説していきますので「不安」や「心配」を払拭できるようにご覧になってください。

メリット

手数料

ファクタリングを活用するには手数料がかかりますが、利用者がTranzaxに登録する事で回収不能リスクを抑えることが可能なため従来のファクタリングよりも手数料がリーズナブルになっています。
しかも、「電ふぁく」には与信スコアというものがあり、利用すればするほど手数料が安くなっていきます。
一般的に手数料を考慮すると頻繁にファクタリングを活用するべきでないとされていますが、リピート制度で手数料が引き下げられるのは利用者にとってプラス材料となります。

申し込みを行うかの判断をする際に重要な指標の一つとなるのが手数料です。新規の方はもちろん、今現在利用しているところの手数料が高い…、そう感じている方は他社からの乗り換え先として検討してみましょう!

契約

ファクタリングは申し込み手続き後に面談をしてから契約するケースが多いのですが、「電ふぁく」の契約はオンライン契約と通常契約(出張・来店)のどちらにも対応しているなど利用しやすい環境が整っています。
信頼関係を築くために直接会いたい方、足を運べる店舗が近くのエリアになく地方で対面するのが厳しい方など双方に選択肢があるのはファクタリングに申し込むときに大きな要素となるのでないでしょうか。

入金スピード

2回目以降の利用は信用が増すため、時間も大幅に短縮され入金スピードが最短で1時間となっています。
入金サイクルを早めることは、非常に重要なことです。「電ふぁく」は迅速な対応でスピードキャッシュに貢献していることから、すぐに資金が手元に入るのでとてもありがたいことですね。

ISO27001を取得

「電ふぁく」では組織における情報資産のセキュリティを管理するためにISO27001を取得されています。
顧客データ漏えいの事故などを防ぐために世界中で導入されている最高峰のセキュリティであることから、安心して依頼することができるのではないでしょうか。

デメリット

店舗

主要都市に店舗がなく現状では東京都の本社のみとなっています。
東京一極集中となるのは仕方がないことかもしれませんが担当スタッフと直接会って話をしたくても、基本的に近県の方しか店舗まで出向くことができないので、遠方の方はオンラインの活用のみとなるのはマイナスポイントとなります。

Tranzax

こちらのページで案内している「電ふぁく」を利用するにはTranzax社へ登録する必要があります。
Tranzaxの登録自体は作業に多くの時間が奪われてしまうようなこともなく簡単にできますが、わざわざ登録しないといけないのは人によっては煩わしいと感じるかも知れません。

以上のようなメリット、デメリットがあります。
クチコミや事例が気になる方は「電ふぁく」の公式HPで、利用した方の評判が掲載されていますのでぜひ目を通してみてください。

総評

ここまで、「電ふぁく」について解説してきました。
サービスの立ち上げから新たな形態として注目を集めている理由も頷けますよね。
株式会社トップ・マネジメントでは社会から信頼されるパートナーとなるために社員の顔をWEBページで掲載するなど「安心」して申し込みが行える環境づくりを心掛けているようです。

激変時代を乗り切るためには、資金調達の対応スピードの欠如は継続的な企業経営において致命傷になりかねません。
今回検証してみた結果、無駄が少なくサービス内容も申し分ないのでキャッシュフローを効率化していくための手段として、この機会に「電ふぁく」の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

以上となります。参考になりましたか?最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ファクタリング会社一覧