ファクタリング会社一覧

即日振込の資金調達サービスPayTodayの特徴を解説

取引先から入金される予定があるけどそれまでまで待てない、早く手元資金を準備しないと自社の資金繰りに影響が出てしまい困るので未収代金を早く回収したい経営者の方も少なくないのでは。
そこで考えたいのが、PayTodayの活用です。
PayTodayが提供している2社間ファクタリングを利用すると、通常業務に支障をきたさないで売掛金を期日に入金される前に手にするという大きなメリットがありますので資金繰りでお困りならPayTodayの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらのページでは注目を集めているPayTodayのファクタリングを活用した資金調達方法を簡単に解説しますので、ご利用の参考にしてください。

基本情報

こちらの記事をご覧になっているということは既にファクタリング会社に債権を譲渡し現金化することができるのをご存知だと思いますが、PayTodayは通常の会社とは少し異なります。競合他社との大きな違いの一つとしてAIを導入していることが挙げられます。AIを導入することでスピーディーな与信判断を実現しいるのが特徴となります。
資金難に悩んでいる会社にとって、利用を検討する際にスピード感は重要な要素の一つと思いますのでAIを活用した独自の審査システムは魅力的に映るのではないでしょうか。

会社概要
PayTodayの概要について解説する前に、運営している会社について整理しておきたいと思います。
運営している会社はDual Life Partners株式会社で平成28年(2016年)4月に東京都で設立となっています。
事業内容は不動産仲介、管理事業、ITサービス事業を中心に様々な事業を手掛けています。

中には契約するのに不安を感じる方もいるかもしれませんが、2021年1月15日にPayTodayのサービスを開始してから着実に実績を上げてきていて、リピーターも多く高い信頼を獲得している会社なので安心してください。

PayTodayのファクタリング

資金を調達するのに経営者は申し込み先を選択する時、何を重要視するか求めている内容が異なると思います。 PayToday が自社の求める条件と合っているか手数料をはじめ、基本的な情報をまずは確認していきましょう。

※PayTodayは2社間ファクタリング契約となります。

PayTodayの特徴
手数料 1~9.5%
資金調達限度額 下限上限も設定なし
審査期間 最短45分
法人
個人事業主
振込期間 ※最短即日
申込み

ご利用には経営状況が重視されるわけではなく売掛先の信用が第一となります。
中には取引額が小さすぎると買取を断る会社もありますが、PayTodayでは買取下限が設定されてないのはフリーランス、個人事業主の方はそれだけで利用する価値があるのではないでしょうか。

※条件が合えば当日の入金も可能ですが、申し込む時間帯などによっては翌日以降になる場合もあります。

申込方法

  • WEB

申し込み方法はオンラインのみで、スマホ・PCなどインターネットに繋ぐことができる機器をお持ちである環境であれば、いつでもどこからでも24時間申し込みはできます。
なお、オンライン以外の申し込み方法には対応していません。

分からないことや、疑問に感じることがあればメールまたは電話で問い合わせをすることも可能です。

営業時間は平日10:00-17:00です。

インターネットからのお申込みの流れ

初めての方にも簡単に利用できるように、オンラインで申し込む方法を案内しますので、手続きを始める前に、以下の申し込みの流れをご覧ください。

step
1
申し込み

PayTodayのHPにアクセス、「無料申込はこちら」にメールアドレスを入力。
必要書類はオンラインでアップロードするこが可能。

step
2
審査

提出した情報を元に審査を開始。
審査結果は24時間以内にメールで返答。

step
3
入金

契約後、銀行口座に買取金額を入金。

入金までの流れは以上となります。
ざっくりした説明となりましたが、難しい手続きは不要なのではじめての方でも安心して利用できるのではないでしょうか。

メリット、デメリット

見比べてみると分かると思いますがファクタリングは同じような商品でも会社によって少し違いがあります。
商品についてその良さはもちろん、悪いところもよく理解する必要があります。現在、契約するかを検討中の方はPayTodayのプラス、マイナスポイントをしっかりとチェックすることでより利用がしやすくなると思いますので確認しておきましょう。

メリット

他社には無い“強み”は以下のようなものがあります。

オンラインで完結

オンラインの申し込みしかありませんが、PayTodayではすべての手続きをオンラインで完結することも可能なので事務所にいながらでも資金調達ができる手軽さがあります。
郵送や店舗まで出向いて申し込み手続きを行うのとは異なり、手間が大きく省けるので忙しくても自分のペースで申し込みができること、日本国内どこにいても申し込み手続きがしやすいことが強みです。

手数料

PayTodayの公式HPを見て分かる通り手数料は1~9.5%と明確にされています。
2社間ファクタリング契約は通常10%を超えるところが多いのですが、PayTodayでは10%を切る手数料となっていますので競合他社と比べてかなり良心的な手数料の設定といえます。
ユーザーの立場で考えれば、手数料は安い方がいいに決まっているので、申し込み先の候補として検討したいのはごく自然なことでしょう。

審査スピード

キャッシュフローの悪化で急いでいるのなら、少ない時間や費用で、最大限の効果を発揮するところに申し込むのが急務でしょう。
その点ではPayTodayはAIを活用することで申し込み手続きを行ってからの審査スピードが最短45分と早く少しでも早く入金して欲しい経営者の方にピッタリな申し込み先となっています。

掛け目無し

競合するファクタリング会社では、請求金額に掛け目を設定しているところもあるのですがPayTodayでは一切掛け目を設定しておらず売掛金の買取金額から手数料を引いた分だけが入金となるので余計な手数料を引かれたくない、といったケースにも適しています。

参考までに一般的にはファクタリング取引の掛け目は70%~100%となっているようです。

債権買取

支払サイトは業界によって様々となっていて取引先との関係で決まってしまうことがあります。

ファクタリングを行うのに期日が長い債権買取を行っていない会社もあるのですが、PayTodayでは最大90日後の債権まで買取ってくれます。

デメリット

“弱み”としては以下のようなものがあります。

申込方法

コスト削減のため申し込み方法がオンラインのみとなっている。現状、他の申込方法は用意されていない。
近年ではネット環境がない方は少数だと思いますが、ネット環境がない方は申込み手続きを行うのは厳しくなります。

ファクタリングの種類

申し込みをする際には経営状況に応じた適切な種類のファクタリングを選択する必要がありますが、現状ではPayTodayは2社間ファクタリング契約となりますので、残念ですが3社間で利用したい経営者の方は他社に申し込むしかありません。

審査

フリーランスや個人事業主でも利用できますが、デフォルトリスクの低い良質債権のみを買い取ることで低手数料を実現していることから審査は若干厳しめとなることが予想されます。
とはいえ、ファクタリング自体はローンと比べると審査は緩い傾向にありますので、それほど気にすることではないでしょう。

契約

契約はオンラインで完結する他に、希望があれば面談をすることも可能ですが、費用(出張費実費+事務手数料[3万円])が必要になります。
手軽さを求めオンラインで契約をする方は支障はないので気にする必要はありませんが、しかし、直接対面しスタッフ丁寧な説明を受けながら「信頼感」を持って契約したい方は費用が発生するので、どちらの契約方法を選択するかを考えることが大切になります。

利用者の声

大きな金額が絡むからこそ後悔はしたくない!とお考えの方も非常に多いかと思います。
申し込み先としてPayTodayを注目しているが不安もあり評判が気になる方は、実際に契約した方の情報を公式HPにいくつかの事例が掲載されていますのでアクセスして確認下さい。

※PayTodayのサービス利用者の6割が、フリーランス・個人事業主となっています。

総評

ここまでPayTodayの形態についてをより知って頂けるよう分かりやすく解説しましたが、何となく理解できましたでしょうか。

資金を調達するのにローンだと思うような結果がでないこともあるかと思います。
優良な売掛債権さえあれば審査に通過することができるPayTodayのファクタリングは即資金が欲しい経営者にとって有用なサービスとなります。
ファクタリングを活用しようと思い、複数の会社から見積もりを取り手数料提示を受けて高く感じることもあると思います。PayTodayは業界最安水準の低手数料設定なっていることからおすすめできる商品といえるので短期的な資金繰りのためにご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

しかしながら、他にも「自社にむいている」「よいサービスを行っている」会社があるかもしれませんので、競合他社も含めて比較して慎重にファクタリングサービスを利用するのが適切と言えます。
当サイトでは多くのファクタリング会社を1つ1つ丁寧に紹介していますのでお時間があれば「ファクタリング会社一覧」からご覧になってみてください。

-ファクタリング会社一覧