ファクタリング会社一覧

アクセルファクターで手元資金を確保

キャッシュは事業継続の要です。手元資金が不足すると、最悪事業の存続が危ぶまれることにもなりかねません。
そんな時に金融機関から資金調達をするのですが、銀行の審査が通らない、または長い期間の審査が待てない悩める経営者の方は、別の方法として担保不要、保証人も不要なく申し込みから入金までの期間が短いファクタリングを考えてみましょう。

法的に問題なくここぞという場面で重宝されていますが、ファクタリング会社の選択によっては手数料が高額だったり、悪質な業者も存在していますので申し込み先の選択は非常に大切です。
とはいえ、どこが優良なファクタリング会社で、メリットが何なのかわからない方もいると思います。

そこで、今回紹介するアクセルファクターはどうのようなファクタリング会社なのか掘り下げていきたいと思いますので参考にしてください。

特徴

事業を持続していくのにお金が無いと経営に大きな負担がかかります。
アクセルファクターは、「事業主にお役に立てる」ことを第一に考え、「安全で安心」と信頼できるファクタリングを提供する為に全国各地で日々努力しています。
売掛債権の買い取りに積極的で、小口の買取にも対応していることから一時的に資金難を解決できるので個人事業主・中小企業を中心に人気があります。

企業情報
株式会社アクセルファクターはファクタリング事業を行う会社として2018年8月に東京都で設立されました。
公式HPで「ファクタリングの成功事例」が紹介されているように、既に多様な業種にファクタリングを行なった実績があります。
(なお事例は公式サイトで事前確認しておくことをおすすめします。)

アクセルファクターに入金期日前の売掛金を買取して貰うことで、必要な資金をすぐに調達することもできますので、銀行が資金を積極的に貸してくれる可能性も低く悩んでいる零細企業の方はキャッシュフローの改善策として活用することを検討してはどうでしょうか。

なお、申し込みは全国から可能で、基本的に面談する必要もありません。
対面で打ち合わせをした方が不信感を抱くようなこともなくなると思いますが、面談する必要がないので遠方の方でも利用しやすくなっています。
ファクタリングを利用しやすいように細かいところに配慮されているので、多くの経営者の方から支持されているのも頷けますね。

ファクタリング

ここからは基本的なことを解説します。
ストレスを軽減して満足して利用できるよう、アクセルファクターに対する知識を深めていきましょう。

アクセルファクターの特徴
手数料 2%~
資金調達限度額 1億円
入金スピード ※最短当日
法人
個人事業主
申込み

アクセルファクターでは「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」を取り扱っています。

※申し込み時間帯によっては即日での対応が難しいケースもあります。
※「3社間ファクタリング」は入金まで数日掛かります。

申込方法

  • 店舗
    店舗は東京本社、仙台営業所、名古屋営業所があります。
  • WEB
    パソコン、スマートフォン、タブレットから申し込みができます。
  • 電話
    営業時間は平日9:30~19:00まで。

直接店舗まで出向く場合でも、いずれの店舗も主要駅から徒歩数分の立地条件が良い場所に店舗がありますので迷わず来店することが可能です。

WEBで申込み

申し込むには、いくつかの方法がありますが、インターネットからの手続きは時間を選ばず誰にとっても申し込みしやすいのでとても優秀なツールです。
日々の生活に役立つインターネットは今後さらに利便性がアップすることも予想されます。

インターネットからのお申込みの流れ

ファクタリングの種類によって詳細な流れが異なってきますが、簡単な流れは以下のようになります。
快適に手続きが行えるように参考にして下さい。

step
1
申し込み

アクセルファクター公式HPの「WEB申込み」から手続きを行います。

step
2
申込審査結果の連絡

最短で1時間程度で審査が完了します。審査後、打ち合わせ。
書類の提出はメール・FAX・郵送等で可能。

step
3
契約

取引の完了。
「2社間ファクタリング」は最短で即日入金も可能です。

ちょっとした心がけをすることが早期の契約につながります。お急ぎの場合、書類を準備しておくことでより素早い手続きが可能になりますので事前に準備をしておきましょう。

大切なことは、急いでいても「あわてずに、申し込み」することです。

アクセルファクターのメリット、デメリット

もし、大きな問題があるようなら、利用しなくてもいいですし申し込みを行う前に、良い面、悪い面を知っておくのは基本です。
これからアクセルファクターを利用するにあたり気になることもあると思いますので、メリット、デメリットに注目して説明したいと思います。

しっかりとチェックしておくことで、その後の取引を気持ちよく進めることができます。

メリット

柔軟な債権買取

ファクタリングサービスを行っている会社は、法人向けのサービスしか提供していないことがあるのですが、法人と比較して審査が厳しくなりますが、アクセルファクターでは個人事業主でも審査をしてくれます。
また、未回収の売掛金を確認するため、売買契約書や発注書、納品書などの契約書を確認するのですが、請求書発行などの資料が用意できない場合でも別の方法で柔軟に対応してくれます。
足りない部分を補ってくれるのは心強いですね。

ファクタリングを利用する場合には必ず審査があります。もちろん審査に通過できなければ利用できないのですがアクセルファクターが公表している審査通過率が93%となっていることから多数の事業主の手助けとなっていることが想像できるでしょう。

他社で買取不可・審査落ちしてしまった方にもおすすめです。

資金調達限度額

多くのファクタリング会社では買い取り下限を設定していますが、アクセルファクターでは下限を設定していないことら数千円でも売掛債権を買い取ってくれます。

現実的には極端に少ない売掛債権をファクタリングすることはないと思いますが、下限の設定がないのは、中小零細企業や個人事業主にとって非常に助かるのではないでしょうか。
売掛債権の総額が少なく他のファクタリング業者から買い取りを拒否された方は諦めずにアクセルファクターの審査を受けてみましょう。

入金スピードが速い

ファクタリングのプロである社員がスピーディに対応しますので、「2社間ファクタリング」の場合、早くてその日に入金することも可能になっています。
アクセルファクター株式会社では、スピードが最重要と考えていることから、とにかく早く売却をして現金化したいなど入金スピードを重視される方に特におすすめのファクタリング会社です。

支払いサイクル

資金繰りを考える時は、売掛金の回収を早くすることが大切ですが、取引先の支払いサイトが長いとファクタリングを断わられてしまうこともありますが、アクセルファクターでは、最長180日支払いの債権まで対応しているので利用するメリットは大きいといえます。

安心感

利用する側にとって、重要な要素として悪質な会社でなく安心して利用できるファクタリング会社かどうかです。アクセルファクターは、通販、ソリューション、ファイナシャル、ヘルスケアといった多くの事業を行っているネクステージ株式会社という大きな会社のグループなので信頼できるファクタリング会社となることから、安心感があるのは大きなメリットといえます。

デメリット

手数料が高い

ファクタリング手数料は横並びではありません。
アクセルファクターの手数料は2%~と業界の中でもこの金額設定はかなり良心的となります。他社と比べて手数料を抑えることができるのは良いのですが、ローンと比べると高めと言えます。
利用者にとって手数料は非常にシビアにならざるを得ないのは理解できますが、未回収リスクを考えると仕方がないことです。

せっかく売るなら少しでも高く売りたいですよね。あまりに相場とかけ離れている手数料だと不安になります。
利用を検討中の方は以下のアクセルファクターの手数料を参考にしてください。

売掛債権額 ファクタリング手数料
~100万円 10%~
101~500万円 5%~
501~1000万円 2%~
1001万円以上 要相談

※上記の手数料はあくまで目安であり実際の手数料と異なる場合もあります。

売掛金

信用度が低いので請求先が個人(個人事業主)の売掛金は買取り不可となっている。
売掛先の信用度が低い場合は、審査に通らない可能性があることを理解していきましょう。

以上のようなメリット、デメリットがあります。
お役に立ちましたでしょうか?不安点を解決したら、後は売掛債権を売るだけです!

アクセルファクター 総評

いかがでしたでしょうか?

ご紹介してきたように、アクセルファクターは、良質なサービスを提供しているファクタリング会社なので、利用者からの評価も上々で年々相談数も増加傾向となっています。
「売掛債権を売却を考えているけど、ファクタリング会社をたくさん調べるのは苦手」「すぐに売却したい」という初めての方にもおすすめできる会社です。

手元資金は増加したり、減少したりしてゆきます。
アクセルファクターは、ファクタリングを活用する時に候補になる会社だと思いますが、検討の幅を広げるという意味でも情報収集はとても大切です。
最終的にどの会社に依頼すれば費用が抑えられ、より多くの現金が手元に残るかが重要なポイントとなります。当サイトでは競合他社のファクタリングも紹介していますので、お時間があればそちらも比較して御社にとってピッタリの会社を見つけ出し少しでもお得にファクタリングを利用しましょう。

-ファクタリング会社一覧