おすすめの住宅ローンの金利や審査を比較

注文住宅?建売住宅?中古住宅?それとも、マンション?
憧れのマイホームを購入する時、人気のエリアや希望の間取りなどさまざまな希望する条件があることでしょう。中でも、一番の悩みは住宅を購入する際、資金をどのようにするべきか頭を悩ますことだと思います。理想を求めれば求めるほど購入金額も跳ね上がっていきます。

一般の方が住宅を購入するとなると、これまで一生懸命に働いたお金を「貯蓄」した金額と「住宅ローン」組んで購入する方がほとんどだと思います。
必要なお金と時間、快適な住まいづくりにをするにはしなければいけないことがたくさんあります。特に重要な資金となる住宅ローンの利用の流れ、メリット・デメリットはしっかりと把握しておき、事前に不安な点は解消しておく必要があります。

※マイホームが完成した後で、年数が立つと修理費など、想定外にお金が必要となることも多々あります。
住宅ローンは「住宅購入代金」だけでなく「他社からの借り換え」「リフォーム費用」などの住宅関連の資金として利用ができます。

金利・審査・控除・減税

住宅ローンを組もうにも不明な点が多いし、金利・審査・控除・減税などの事を分かっていた方が安心ですよね。
住宅ローン控除が適用される期間は「10年間」または「13年間」となっています。住宅ローン控除をしっかり利用して、完済に向けて計画的を立てておくことをおすすめします。

借り換えで返済額軽減!
既に住宅ローンを利用している方は、金利がよりお得な他社に借り換えることで利息の負担が軽減されます。ほんの少し金利が低いだけで総返済額はかなり変わってきますので借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

※審査結果の連絡から実際の借入日までは一定期間かかります。

住宅ローンには大きく分けて3つの金利タイプがありますので、まずはそれぞれの特徴を知っておきましょう。
※ご自身で好きな金利タイプを選択できますが、全ての金融機関がいろいろな種類の金利タイプを用意しているわけではありません。

フラット35
住宅ローンを組む際に、フラット35についても研究している方も多いと思います。
フラット35は住宅金融支援機構と金融機関が連携して提供している住宅ローンのことで、さまざまな金融機関を通じて申し込みを行うことができます。
フラット35は、金利が返済期間中ずっと変動しない、固定金利の住宅ローンなので、返済期間中に市場金利の影響を受けたくない方にオススメで、長期のライフプランが立てやすくなります。事務手数料が金融機関によって異なってきますので、しっかりと比較して有利なところで契約をしましょう。

変動金利
一定の期間で金利が更新されるていく変動金利は、低金利が今後も長く続くのなら合理的な判断となりますが、もし将来の金利が上昇するとリスクとなることがネックになります。
反対に、金利が低くなれば利息が安くなります。
変動金利を選択される方は、金利が低いうちに返済できればいいのですが、固定金利よりも返済リスクが高くなることがあることを、頭に入れておかなければいけません。また、最終的な総支払額がいくらになるかは、最後の利率が決まるまで分かりません。

固定期間選択型
一定の年数の固定金利の期間が決まっていて、その期間は低金利で借りられ、固定期間終了後には、改めて見直して固定金利か変動金利かを選択することになります。
もし、見直し時に金利が上昇していれば返済額の負担が増えてしまうことを頭に入れておきましょう。

ローン選びで迷ったら
安心できる金融機関でローンを組みたいと思っている方も多いでしょう。そのような方は、各社の住宅ローンを比較して金利や審査基準などを詳しく見ていくことにしましょう。
また、各社のホームページには申し込みの前に簡単な項目を記入するだけで、借入可能額と適用金利などがわかる住宅ローン審査シミュレーションが用意されている場合がありますので、不安な方は算出しておきましょう。
※シミュレーションは簡易審査となります。

住宅ローン比較

最も高い買い物といえるマイホームの購入を考えている方に、後悔しない為に住宅購入に利用する住宅ローンを信頼できる代表的な金融機関をピックアップして金利・審査など比較できるように詳細な情報を提供していますので、しっかりとチェックポイントを押さえてお役立てください。

Webで解決!カンタン申し込みが可能
名称 保証料 繰上返済
ARUHI 住宅ローン なし 無料
楽天銀行住宅ローンフラット35 なし 無料
新生銀行パワースマート住宅ローン なし 無料
  • 業界トップクラスの実績
  • 住宅ローンをトータルでサポート

住宅の購入にはローンサービスの利用が不可欠です。今回紹介している会社は全国に在住の方がインターネットを活用して、自分のスタイルに合わせて都合の良い時間に申し込みができワンストップでサポートしてくれる会社ばかりです。
また、住宅ローンは多数の実績があり信頼をいただいている会社ばがりなので安心してください。

お得に利用するために、少しでも金地の低い会社を選び、利息の負担を抑えたいですね。ただし、金利の低さの重要ですが、 その他にも手数料・サービスなど比較するべきところはたくさんありますので、しっかりとチェックをしておきましょう。

ARUHI 住宅ローン

ポイント

借り手の立場に立った多くのサービスを提供しており、審査は何と最短で3営業日と多くの方に注目されている会社で、業界最低水準の金利で最長35年間金利が変わらず毎月の返済額が固定されるフラット35で人気がある金融機関の1つがアルヒです。
事前審査を1分で完了するシステムが導入されたことで、融資可能額がすぐに分かるのは、かなり便利ではないでしょうか。

中でも頭金が20%以上だとさらに金利が優遇となる、スーパーフラット8は、さらに低金利となるのでおすすめです。
分からないことがあれば、経験豊富なアドバイザーが的確なアドバイスをしてくれるので、疑問や悩みを直ぐに解決する事ができるでしょう。

詳細を見る

新生銀行パワースマート住宅ローン

ポイント

低水準の金利だけではなく、一般的な条件と比較すると初期費用を抑えることができる保証料0円、収入が増えた臨時収入などで余裕資金ができたときに利用する繰り上げ返済手数料0円の他にも、他の金融機関にはない画期的なサービスでメリットが多く魅力ある商品となっているのがパワースマート住宅ローンです。
また、ファイナンシャルプランナーへの相談などのサービスもありますので借入をした後でもサポートが充実しているので安心です。

新生銀行は、各地に実店舗もありますので、住宅ローンの相談に行くこともできますし、 インターネットから書類を取り寄せ申し込み、電話で相談することもできます。
新規借入はもちろん、借り換えをする人にもおすすめの住宅ローンです。

詳細を見る

楽天銀行住宅ローンフラット35

ポイント

フラット35だけでなく変動金利の金利選択型ローンも提供しています。
業界最低基準の金利となっているので、総支払額が低く抑えられるのが楽天銀行住宅ローン最大のメリットです。
また他の金融機関にはない楽天銀行独自のサービスも多いのも特徴で、新規借入れ、借り換えとも人気がある申し込み先となっています。

楽天銀行を返済指定口座にすると1%(税抜・税込1.08%)と事務手数料が下がります。
ネット専業銀行なので資料請求から契約まで一切来店しなくてもいいという点も忙しい方に人気となります。

詳細を見る

必要書類

住宅ローンも他のローンと同じように事前審査の申し込みはWEB上で行うことはできますが、本審査や正式な契約では多くの書類を提出する必要となります。
では、どういった書類が必要になるかを見ていきましょう。

必要になってくる書類は、
本人確認書類や本人確認書類の他に、納税証明といった書類がたくさん必要になってきますので、申し込み先でしっかりと確認をしておくことをおすすめします。

定番の無担保ローンとは違いどうしても必要な書類が多く混乱しそうになってきます。不備がないように事前に書類を準備しておきましょう。
借入先のHPから印刷してチェックリストとして、利用すると忘れずに済むでしょう。

返済

繰上げ返済手数料に注意。
長年にわたり返済していくので、少しの金利差でも何十万もの返済負担となってきます。ですから、収入が増えたりして、返済期間を短くしたくて、早くローンを返済しようと考える場合もあるでしょう。
今では、一部繰り上げ返済は無料が当たり前ですが、手数料が必要になるところもあるのでできるだけ繰上げ返済手数料が必要のない金融機関で住宅ローンを組む方がいいでしょう。

無理をして繰り上げ返済すると、手元に余裕の現金が不足してしまい、万が一の出費の時に苦労することになりますので、その点は気を付けておく必要があります。

どのように返済していくかは、住宅ローンのプロと相談しながら検討することをおすすめします。

メリット・デメリット

自分に最適な住宅ローンを選べるよう、メリット・デメリットを知ってローンを組む前にスッキリしておきましょう!

メリット
一番のメリットは低金利で大口の金額も借入が可能なところです。大きな金額が必要になる、新しい住まいの購入、リフォームの時に住宅ローンはかなり助かる存在となってくれます。

住宅ローンを提供している各金融機関は皆さんが安心してローンを利用することができ、より快適な生活が送れるようお手伝いする役割を担っています。重要となる金利タイプの選択は「変動」「固定」は悩むところです。どちらを選べば得かというと、それはプロでも難しい判断となりますので、変動タイプを選ぶなら景気動向などを見て慎重に選ぶ必要があるでしょう。
固定金利となるフラット35は、勤続年数は問わないなど、転職したばかりの方や自営業の人などでも比較的申し込みやすくなっていることや、 借入後に市場金利が上昇しても金利が変わらないことが最大のメリットといえます。
また、金利が変わらないため、資金計画を立てやすくなります。
※どの金融機関でも扱っているわけではありませんが、両方の金利を組み合わせる、ミックスプランを選べるところもあります。※変更手数料が掛かることもありますが、今後の安定した返済を望むなら変動金利から固定金利への借り換えをすることも可能です。

デメリット
金融機関によっては「保証料」が必要となるケースがあります。また、借入手数料も必要になるので、実質的な金利を押し上げることになります。
住宅ローンは長期で返済をしていくことになりますので、住宅購入の際に生活に支障が出ない購入額を見極める必要があります。また、他にもデメリットとして
フラット35は、全期間固定金利型は世の中の金利が下がった場合に金利のメリットを享受することはできなくなります。変動金利は、借入後に市場金利が低下すると返済額も減少するといったメリットがありますが、逆に金利が上昇すると利息は上限なく増えることになります、※125%ルールが適用された場合は、返済しても借入金がなかなか減っていかないことになってしまいます。
※金利が上昇し続けても、返済額の125%を超えない、という上限が設けられています。条件が良くなる商品に借り換えをする場合には、手数料やローン諸費用が新たに掛かってくることになることを頭に入れておきましょう。理想と現実のギャップに悩まされることもありますが、デメリットにも十分すぎるほど気をつけることにしましょう。

以上が、メリット・デメリットになります。

住宅ローン 総評

多くのサラリーマンが憧れるマイホームですが、住宅ローンは支払い期間や金利、特典などが異なる数多くの商品が存在しています。

最近の住宅ローンは、どんどん複雑になってきています。
まずは自分にどの金利タイプが合っているか事前にリサーチをして知っておき、その上でその金利タイプの中で安い商品を探し、保証料・手数料やサービスの充実度などや返済のことも考慮して申し込む事が住宅ローンの賢い利用方法です。
「固定金利」と「変動金利」、どちらにもメリット・デメリットがあるので、選択を迷う人も多いと思いますが、将来起こりうる金利上昇のリスクを抑えて、安定したローンを返済をしていきたい方は固定型のフラット35を選ぶ方がいいかもしれませんね。
それぞれのローンには、優遇金利が設けられていることが多いので、そのへんも覚えておいて利用しましょう。

借り換えを検討している方は、借りるだけでも非常に手間が掛かるのに、それを借り換えてまで、総返済額がお得になるのかを、しっかりとシミュレーションをしてから最終的に借り換えをするか判断するようにしましょう。

以上となります。
上手に住宅ローンを活用して、長い人生の中で良い買い物ができたとなればいいですね。

ピックアップ!有担保ローン
種類 必須条件
不動産担保ローン 不動産

土地・建物を担保にしてお金を借りることもできます。
超高額な金額を低金利で借りることも可能です!その理由を上記のリンク先で紹介したいと思いますので興味がある方はご覧になってください。