お金を工面する

土日祝日、夜間でもキャッシングできる金融機関

夜間や休日の時にどうしてもお金が必要になる場面もあります。平日の日中および既にローンの審査に通過していれば特に問題はないのですが、問題はその日に申し込んでキャッシングできるかです。
ですが、銀行では申し込んですぐにお金を貸してくれることはありません。
そんな時はどうすればいいのか解決方法を紹介します。

休みの日にお金を借りたい

生活の中で土日祝日に急ぎでお金が必要になる場面に出くわすことがあるかも知れませんので、心配な方はもしもの時のためにこちらの記事をご覧になってください。

世間的にあまり知られてないかもしれませんが、結論から言うと土日祝日でもお金を工面することは可能です。
解決方法としては、「知り合いからお金を借りる」「リサイクルショップや質屋を利用する」「クレジットカードでキャッシング」「消費者金融を利用する」といった方法があり、ほとんどの方は身内や知人から貸してもらうことを選択すると思いますが頼りにくい場合もありますので、ここではクレジットカードでキャッシング、消費者金融を利用する方法を解説していきたいと思います。

まず金融機関へ申し込むにあたって、お金を借りられないと意味がありませんので希望額は必要最低限の金額にしておきましょう。
なぜかといいますと、金額によっては収入証明書が必要になりますので申し込んでから準備するとなると無駄な時間がかかり借入まで遅くなるかもしれないからです。

ただし、少ない金額を利用する場合には高い金利(実質年率の範囲内での金利)が適応されることを覚悟しておきましょう。

クレジットカードでキャッシング

緊急を要するのであればクレジットカードのキャッシング枠を活用して資金不足を解決することもできます。
利用できる金額は契約時に設定された利用可能枠の中で自由に借入ができます。利息が気になると思いますが、金利は法律で定められている年利15~20%となっているので法外な利息が発生するということはありません。

提携している銀行などの金融機関やコンビニのATMなどから現金を引き出せるので困った時に便利ですが、利用するのには既にキャッシング枠が付帯しているクレジットカードを所持していることが条件となります。

消費者金融を利用する

当日のキャッシングに対応している消費者金融はたくさんありますが、全体的にみると土日祝日は休業日となっている消費者金融が少なくありません。
ですが、中には土日祝日でも申し込んでからスピーディーな審査をしているところもあります。それはどこかといいますと「大手と呼ばれている消費者金融」です。

ただし、平日とは異なる条件がありますので土日祝日にキャッシングするのなら利用条件をしっかりと覚えておきましょう。
ポイントとなるのは無人機によるローンカード発行、各社で提携している24時間365日振込融資可能な銀行口座を開設してる、またはモアタイムシステム参加金融機関の口座を開設しているかです。

ただし、24時間キャッシングすることができても各貸金業者では営業時間が決められていますので、その日の内に申し込んで借りたいのであれば審査に間に合うように営業時間内に申し込みをしないといけません。

どの申込方法を選べばいい?

金融機関ではいくつかの申し込み方法が用意されているのは便利ですが、申し込み方法によっては土日祝日だと対応できないケースも。
土日祝日に大手の消費者金融を利用するのなら、自動契約機かインターネットからの申し込みの二択となります。

一番おすすめしたいのがインターネットからの申し込みです。各社申し込み自体はインターネットなら24時間受付していますので、ネットから申し込みを行いましょう。

以下の表で土日祝日、夜間に利用するにはどうすればいいか見てみましょう。

- アイフル アコム プロミス モビット レイクALSA
審査回答可能時間帯 9:00~21:00 9:00~21:00 9:00~21:00 9:00~21:00 8:10~21:50
毎月第3日曜日
8:10~19:00
自社ATM取引
(※1)
7:00~23:00 24時間営業 7:00~24:00 - (※2)
自動契約機
(※1)
てまいらず
8:00~22:00
むじんくん
9:00~21:00
プロミス自動契約機
9:00~21:00
三井住友銀行内ローン契約機
9:00~21:00
(※3)
スマホATM
(※4)

現在停止中
提携銀行 (※6) (※5) (※6) (※6) (※6)
モアタイムシステム
(※6)

詳しく見る

土日祝日は翌営業日9:30頃に着金

詳しく見る

詳しく見る

(※7)

(※1)各社、設置場所によっては営業時間が異なる場合もあります。
提携ATMについては提携先によって営業時間は異なりますので確認して下さい。

(※2)新生銀行カードローンATMの営業時間

平日・土曜日:7:30~24:00
日曜日・祝日:7:30~ 22:00
第3日曜日:7:30~ 20:00

(※3)新生銀行レイクの自動契約機の営業時間

平日・土曜日・祝日:9:00~21:00
日曜日:9:00~19:00

(※4)スマホATMは、各社が提供しているスマホアプリをダウンロードするとローンカードが必要なくスマホだけでセブン銀行ATMを利用して入出金ができるサービスです。
なお、アイフルアプリはローソン銀行ATMも利用できます。

(※5)アコムでは「楽天銀行」は24時間最短1分で振込みが可能です。
「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」は土・日・祝日20:00 ~ 23:49の振込受付は翌日 9:30頃の着金となります。

(※6)モアタイムシステムの参加金融機関や振込実施時間については要確認。

(※7)レイクALSAでは、「即日振込み」の受付時間が土曜日は0時15分~23時50分まで。日曜日は4時~18時50分までとなっています。

土日祝日に消費者金融を利用するときのポイント

急な出費に対応できるため本当に便利ですが、利用できるまでに重要なポイントがあります。

慌てないためにも覚えておきましょう。

  • 申し込み
    上記を見て分かるように24時間審査をしているわけではなく審査回答が可能な時間帯があるので、申し込み時間によっては審査が翌日以降となってしまうこともあることから申し込む時間帯には注意が必要です。
  • 在籍確認※
    在籍確認をクリアしないと審査に通過できませんが、勤務先が休みの場合でも諦める必要はありません。
    状況によってはお勤め先を証明できる書類の提出などで対応が可能な場合も。
  • 必要書類
    本人確認書類は運転免許証などの身分証明書が基本必要になります。
    提出を求められたときにすぐに対応できるようにしておきましょう。

※アイフルでは原則電話による在籍確認はおこなっていません。
SMBCモビットのWEB完結サービスは条件がありますが在籍確認なしで利用できます。
その他の金融機関は不安であれば申し込み時に相談してみましょう。

土日祝日、夜中に現金を受け取る方法は?!

無事に審査に通過した後、現金を引き出すのにどの方法が良いのかおさらいしておきましょう。

  • 自動契約機
    自動契約機でローンカードを受け取り、併設のATMで出金
  • スマホATM取引
    スマホアプリをダウンロードしてセブン銀行ATM(ローソン銀行ATMにも対応しているところも有)を利用
  • 口座振込
    モアタイムシステムを活用する

上記の中から自身にとって都合の良い方法を選択してお金を引き出しましょう。

今回検証した結果を踏まえ、お持ちの銀行口座によって異なってきますが総合的に判断すると特におすすめなのはプロミス、アイフル、モビットとなります。

見てみる
見てみる
見てみる

中・小規模の消費者金融は?

地元密着型の規模の小さい消費者金融は、土日・祝日は休業日だったり、平日でも手動で審査をしている場合が多いので審査に時間がかかるケースも少なくありませんが、中には土日祝日でも利用できるところがありますので一部ですが紹介したいと思います。

- セントラル
(※1)
プラン イーキャンパス
審査回答可能時間帯 8:00~21:00 土曜9:30~15:00
日・祝・第2・3土曜日休業
土曜10:00~17:30
日・祝休業
自社ATM取引 7:00~24:00
(※2)
-
自動契約機 セントラルくん
8:00~21:00
- -
詳細 見る 見る 見る

どうしても資金力がある大きな金融機関と比べるとサービス面では劣ります。
また、紹介しているところは平日とは異なり土日・祝日、夜間の振込融資には対応していないので営業時間内に店舗まで出向き手続きをする必要があります。

(※1)セントラルでは専用のセントラルカードを発行して、セブン銀行ATMでお金を引き出すことも可能です。

(※2)プラン店舗併設のATM有(営業時間は要確認)

アナタの条件に合うのであれば上記の貸金業者を利用するのも一つの手でしょう。

まとめ

以上となります。
個人の方が急な入用で困った時に、土日祝日、夜間でもキャッシングできるおすすめの金融機関を紹介しました。

紹介した内容に分かりずらいところもあるかもしれませんが、もしもの時の参考になれば幸いです。

土日祝日は貸金業者も混み合うことが予想されるため、もしこれまでに土日祝日、夜中にお金がピンチになったことがるのであれば、先を見越してある程度のお金を自宅においておく、あらかじめ金融機関のローン審査に通過してローンカードを持っておくなど日頃から準備をしておきましょう。
準備しておくことでお金がすぐ必要な時に使うことができるでしょう。

-お金を工面する